【管理栄養士監修】男性妊活☆精子力を高める栄養素と食材

妊活は女性だけじゃない!夫婦で妊活のススメ

こんにちは!

ミィコズキッチン 管理栄養士のみいこです☆
(1.5万人にフォローいただいているInstagramはコチラ!)

妊活といえば、女性が食事や運動に気をつけたり、病院で治療を受けたりするイメージですよね。当然、女性だけでは妊娠は成立しません!女性だけではなく男性にも妊活を取り入れていただき、夫婦で可愛い赤ちゃんをお迎えしていただきたいと思います。

実は私も妊活経験者なんです☆

1人目はすぐにできたんですが、二人目がなかなかで…。いわゆる《二人目不妊》でした。私の場合、多嚢胞生卵巣と診断を受けていたので、卵子がしっかり育つように薬を飲みながら注射で排卵させてのタイミング法でした。1年間がんばりましたが妊娠には至らず。色々検査はしましたが他は問題がなく、主人も検査をすることになりました。

ここで私が思ったことは「妊活は夫婦2人でするものだし、はじめから2人の検査をしてくれてもいいのにな〜」です(笑)

みなさんはじめはタイミング法で赤ちゃん待ちをされると思います。それでもなかなかできない時は治療の前に、女性だけでなく男性の検査もするべきだと私は思います。

男性不妊の原因は?

男性不妊の原因は、先天性のものと後天性のものがあります。

先天性の原因は、遺伝的要因や発育段階で受けた影響による性機能障害で、後天性の原因は、ストレス、アルコール、喫煙、肥満、糖尿病、薬などで性機能障害になるものです。

先天性の要因

男性不妊の原因の約9割が造精機能障害と言われています。精子を作り出すこと自体に問題があって、精子をうまくつくれないという状態です。

造精機能障害には以下の種類があります。

無精子症

精液中に精子が一匹もいない状態で、造精機能障害の中で最も重い症状です。精液中に一匹も精子がいない状況ですが、精巣に存在していれば顕微受精などの不妊治療で受精させることができます。

乏精子症

精液の中にいる精子の数が少ない症状です。精子の数が基準値を少し下回る程度であれば、タイミング法を行うこともありますが、基準値よりさらに精子の数が少ない場合は、人工授精、体外受精、顕微受精などの治療が必要になることもあります。

精子無力症

精子の数は正常だけど、精子の運動率が悪い症状です。精子の状態により人工授精や体外受精、顕微授精などの治療が必要になることもあります。

後天性の要因

後天性の要因は【生活習慣の乱れ】からくるものと言われていますので、妊活をきっかけに生活習慣を見直されてもいいかもしれませんね☆

では、後天性の原因をいくつかご紹介させていただきますね!

喫煙

喫煙は精子の数を減少させて、精子奇形や精子の運動能力の低下につながり、不妊の原因になります。また、仮に受精して赤ちゃんができても異常をきたして、流産や先天性奇形などの原因にもなります。

飲酒

過度な飲酒により体内にアルコールが残った状態では、精子が正常に形成されず奇形精子ができる原因になります。飲酒をする場合、適度な飲酒を心がけましょう☆

コレステロール不足

生活習慣病の原因になると言われていて悪いイメージのコレステロールですが、コレステロールは女性ホルモンや男性ホルモンの原料になるので、ある程度必要とされています。不足すると排卵・月経が不規則になり不妊の原因になります。コレステロールは低すぎても高すぎてもいけません。

疲労・ストレス

働き盛りの現代男性から、切っても切り離せないストレス。疲労やストレスが男性ホルモンのテストステロンの分泌を低下させて、精子に元気がなくなったり、性欲が落ちてしまったりと、男性不妊の原因になってしまいます。

肥満

肥満度を表すBMI値が高いほど、精子の数が少なかったと報告されているようです。男性ホルモン値の大きな変化も原因になります。太りすぎもいけませんが、痩せすぎもよくありません。

野菜・ビタミン不足

精子は活性酸素の影響を受けやすいので、活性酸素を壊してくれるビタミンが必要となります。活性酸素を消してくれる抗酸化ビタミンを豊富に含んでいる、緑黄色野菜や果物を積極的に摂取しましょう☆

Bさん
(既婚/子なし)
え〜?!うちの主人当てはまることが多いです…。
こんな栄養素がオススメ!というのがあれば
教えてほしいです☆
管理栄養士みいこ
わかりました!
男性妊活にオススメの栄養素をご紹介しますね☆

精子力を高めよう!おさえておきたい栄養素

亜鉛

亜鉛は新しい細胞を作るために必要な酵素の成分で、エネルギーを作り出したり、新陳代謝を活発にしたりして、ウイルスから体を守ってくれます。女性にとっては、赤ちゃんの居場所である子宮作る為にも、妊活中からすすんで摂取したいですね!

男性にとっては、精子の生成や性腺機能に必要な栄養素といわれています。

また、味を感じにくい時に、「亜鉛不足じゃない?」とよく言われますが、亜鉛は舌の表面の味蕾にある細胞を作る働きもあるんです。

*オススメ食材・・・牡蠣・牛赤身肉・レバー・うなぎ・卵黄・高野豆腐・まいたけなど

ビタミンD

骨を強くする脂溶性ビタミンの「ビタミンD」。

骨と言えばカルシウムだけど、カルシウムを食べ物から吸収しやすくしてくれたり、骨や歯に届けてくれたりするんです。

赤ちゃんの骨の形成や母乳にも多く含まれているので、妊活中から授乳期にわたって必要な栄養素となります。

実は男性妊活にとっても、すごく重要な栄養素なんです☆

血中ビタミンD濃度が高い群と比べて、低い群の方が精子の運動率も悪く、正常な形態の精子の割合も低いというデータがでているそうです。

日光浴をすることでもビタミンDを取り込めるという、めずらしいビタミンです。夏なら30分程度、冬なら1時間程度の日光浴を推奨しています。

*オススメ食材・・・鮭・マグロ・サバ・サンマ・イワシ・バター・チーズ・きのこ類など

葉酸

ほうれん草やブロッコリー、アスパラガス、芽キャベツ、モロヘイヤなどの、植物の緑の葉に多く含まれる「葉酸」。葉酸はビタミンB12と一緒に赤血球を作ってくれます。

また、遺伝情報が詰まったDNAを作る手助けもしてくれるので、妊娠中に不足すると生まれてくる子どもに悪影響もあるかもしれません。赤ちゃんの順調な成長を促す為には、妊娠前からの摂取をオススメしています!

そして、葉酸も男性妊活にとって重要な栄養素です!

男性の精子のDNA損傷率を下げてくれる栄養素なんです☆夫婦で一緒に摂りたい栄養素ですね!

*オススメ食材・・・ブロッコリー・ほうれん草・モロヘイヤ・枝豆・アボカドなど

食事だけでは難しい!管理栄養士がすすめるサプリメントとは?

男性妊活でも同様に、食事だけでは色んな栄養素を完璧に摂取するのは難しいと思われますので、オススメのサプリメントをご紹介させていただきますね☆

こちらは両方ともご夫婦で飲んでいただける商品ですので、妊活中のご夫婦に人気のあるサプリメントなんですよ(´∀`)

共に、滋養強壮、精液量や精子数、運動性精子数、精子運動性の向上、精子の質を高めるといわれている【マカ】が配合されています!

ぜひ、ご夫婦でお試しください☆

 makana(マカナ)

「8大妊活応援成分」を全て配合されており、夫婦で一緒に飲んで妊活されている方が多いです。国産マカ使用☆


 ベルタ葉酸マカプラス

ベルタ葉酸サプリにマカがプラスされたものです。旦那様と一緒に飲まれるのにオススメのサプリメントです。

 

日常生活で気をつけることは?

食事以外で男性が気をつけておくと良いこともありますのでご紹介しますね!

禁欲しない

精子は毎日作られ、一方で死んでいきます。精子がたくさん溜まるからという発想で禁欲してしまうと、古い精子が溜まってしまうのであまり良くありません。

締めつける下着は避ける

精巣の精子をつくる機能は熱にとても弱いので、長時間締め付けて風通しが悪いとあまりよくありません。トランクスを履いて風通しをよくし、35度くらいに保つのが理想的です。

禁煙

妊活をはじめるなら、いますぐ禁煙しましょう!

たばこを吸うと血管が収縮して血流が悪くなり、ED(勃起不全)になる可能性があります。他、精子の数が減ったり、運動性が鈍くなったりするのでオススメしません。

サウナ・長風呂

締めつける下着があまり良くないと説明させて頂いたように、温めることはおすすめできません。

でもゆっくり湯船につかって疲れもとりたいですよね!長風呂には気をつけて☆

育毛剤

薄毛に悩む男性で育毛剤を使っておられる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

CMでよく耳にするAGA(男性型脱毛症)。この治療薬でフィナステリドを主成分とする治療薬が男性ホルモンを抑える働きがあるんです。

まとめ

妊活といえば、女性が治療に通ってがんばっているイメージでしたが、妊活は夫婦一緒にがんばるものですよね♡

お二人の子供なんですから。

旦那様も妊活してくださってたら、奥様も辛い治療もがんばれると思います☆

お二人の間に可愛い赤ちゃんが生まれる事を願っております☆