あの食品で二日酔いを撃退!

二日酔いは辛いですよね…
二日酔いにならない為に摂るといい食品と、なってしまってから摂るといい食品をご紹介します。

早く解消するには、タウリンを摂って肝機能を高めるといいでしょう。
しじみやアサリのタウリンは熱に強く、水に溶けるので汁物にするといいでしょう。

☆二日酔いを予防する食べ物

ヨーグルト
お酒を飲む30分前に脂肪分を多く含んだ食べ物を摂ると、二日酔いの予防になります。アルコールの吸収が阻害され、血中アルコール濃度が上がりにくくなります。

納豆・山芋・オクラ
ネバネバ食品と呼ばれる納豆、山芋、オクラにはムチンが含まれていて、アルコールの吸収を阻害する効果があります。予め胃粘膜を保護する事で効果を発揮するので、飲酒の前に摂取しておきましょう。

ウコン
ウコンに含まれるクルクミンは胆汁分泌を促して、肝臓の解毒能力を高める性質があるので、飲酒前に摂取する事で二日酔いのリスクを軽減できます。

タンパク質
肝臓がアルコールを分解する際タンパク質が必要なので、おつまみには、冷や奴、枝豆、焼き鳥、刺身などを食べると悪酔いしにくくなるでしょう。

☆二日酔いを改善する食べ物

蜂蜜
蜂蜜に含まれる果糖の働きによりアセトアルデヒドが分解されるので、二日酔いの頭痛の緩和を助けます。


柿にはタンニン、カタラーゼが含まれていてアルコール分解を促進するので、二日酔いの症状を早く解消できます。

上記はあくまでも対処法ですので、飲みすぎには注意しましょう。