元旦に1年の幸せを願う☆おせち料理に込められた食材の意味

2017年10月4日コラム, 食材のこといわし, お正月, かまぼこ, ごぼう, さわら, ぶり, れんこん, , 数の子, 昆布, , 海老, , 黒豆

15823053_1232727840137202_1389994339105036443_n

こんにちは☆
管理栄養士のみぃこです(*´∀`*)

みなさんはお正月のおせち料理は作られますか?
最近は百貨店や大手スーパーのおせち料理を買われる方も多いと思います。
私は小学生の頃から、母の横に付いておせち料理を教わりながら一緒に作っていました。
祖母とはお餅を丸めて…すごく楽しかったのを覚えています。

毎年作ってはいるんですがスーパーでおせち料理のパンフレットを目にする度に、「今年は買ってしまおうかしら…」と誘惑に負けてしまいそうになります(笑)
でもこのおかずは娘が食べないやろうなぁ…と結局注文せずなんですけどね(^_^;)

私は昔ながらのおせち料理作っていましたが、最近は少し子供でも食べやすく好きな食材をアレンジして作るようにしています(*´∀`*)
おせち料理のアレンジレシピがたくさん載ってるオススメの本です♡

オーソドックスなおせち料理のレシピも載ってるので、参考にしてみてください☆

おせち料理には一つ一つ意味が込められているのをご存知ですか?
母に教わった事をご紹介したいと思います☆

一の重

黒豆

「黒くまめまめしく」
外で真っ黒になるまでまめに働き、元気に暮らせるようにと願いが込められています。

田作り

カタクチイワシの稚魚は昔、田んぼの肥料として使われていた事から、豊作を祈願するものとされています。

数の子

ニシンの子の数の子。
二親(にしん)から多くの子が出るという、子だくさん、子孫繁栄に願いを込めたものです。

栗きんとん

黄金色に輝く財宝に例えて、商売繁盛、金運をもたらすという意味が込められています。
栗は「勝ち栗」といって縁起がいいです。

伊達巻

巻物に似ているので、文化の発展を願う縁起物です。

昆布巻き

お正月に鏡飾りにも用いられてる昆布は、「喜ぶ」の言葉にかけた縁起物です。

たたきごぼう

細く長く地中に根をはるごぼうは、家の基礎がしっかりするようにと願いが込められています。

錦卵

卵の黄身と白身の2色を金と銀に例えられる事から、財宝や富に恵まれますようにと願いが込められています。

かまぼこ

日の出を象徴しています。
平安時代から高貴な貴族のみが食べられた贅沢品です。

二の重

八幡巻き

ごぼうの産地で有名な京都・八幡から名付けられました。
細く長く長生き出来ますようにと願いが込められています。

海老の旨煮

腰が曲がるまで元気で長生き出来ますようにと願いを込めた縁起物です。

松風焼き

能の「松風」というお話に由来すると言われる松風焼き。
1年を正直に生きましょうと願いを込めた縁起物です。

ぶりの照り焼き

ブリは大きさによって名前が変わる出世魚です。
出世を願って作られるおせち料理には欠かせない縁起物です。

さわらの西京焼き

さわらは「鰆」と書くので、新春にふさわしい魚としておせち料理の使われています。

鮭の幽庵焼き

鮭は川を上る魚なので、縁起物としておせち料理に使われます。

紅白なます

平和、平安を願う紅白でおめでたい酢の物です。

酢れんこん

穴が空いている蓮根は、将来を見通せるようにという意味が込められています。

菊花かぶ

おめでたい菊の花に見立てた縁起物です。

三の重

煮しめ

縁起のいい根菜などをゆっくり煮しめていくお料理です。
家族が仲良くしっかり結ばれますようにと願いを込められたものです。

まとめ

日本人ってスゴイですよね…年の初めに色んな意味のあるものをいただいて、1年の幸せを願う。
本当に日本人で良かったと思います☆

ちなみに今年(2017年)作ったおせち料理はこちら☆

IMG_0643

一の重
紅白かまぼこ・栗きんとん・黒豆・伊達巻き・牛肉の昆布巻・数の子・田作り

二の重
ブリの照り焼き・たこの柔らか煮・スモークサーモンとスライスチーズのミルフィーユ・たいの子煮・紅白なます・黄金イカ・伊達巻きかまぼこ・いくら・浅漬けの生ハム巻き

三の重
煮しめ

 

来年はおせち料理どうしようかなぁ…といいつつ、作っちゃうんやろうけど(笑)
もし買うとしたら「なだ万」さんのおせち料理は絶対美味しいと思います!

お弁当がすごい美味しくて、百貨店に行くとついつい買ってしまいます☆

実は実家の母が長時間キッチンに立つのが辛い年齢になってきたので、実家の分のおせち料理も作って配達しています(*´∀`*)
いつも喜んで食べてくれて嬉しいです☆
なので、買うとなったら実家に作れないので作るんだろうなぁ(^_^;)

我が家は娘がいるので、おせち料理も少しずつ教えていこうと思っています☆
お嫁に出しても恥ずかしくないように(*´∀`*)

いかがでしたか?
参考になりましたか?
いつもおせち料理を買う方も、来年は作ってみようと思って頂けたら嬉しいです☆